【広告】

短期スパンモデル設定法(FXA証券編)

ここでは、「短期スパンモデル設定法(FXA証券編)」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
為替ブログのRUEさんの記事参照に書いてみました

まず、ナビのウィンドウで、
1、「ツール」→「インデイケータービルダー」を選択
2、「Indicator Builder」で「Ichimoku Kinko Huo」をセレクトして
  「複製ボタン」をクリック
3、「Ichimoku Kinko Huo(2)」ウィンドウで、「名称」のところを「スパンモデ
  ル」等自分の好きな名称に変更する。
4、「略称」も同じ様に「SPAN」等、好きな名称に変更
4、「Output」タブで「SSA」をセレクトし「線色」を青色、線幅を2番目くらいの
  太さにする(太さは自由)
5、次に「SSB」をセレクトし「線色」を赤色、線幅を変更
6、「TS」をセレクトし、右の方にある「削除」ボタンで削除
7、同様に「KS」も削除
8、「Formula」タブで、先頭から5行目が次の様になっているので、
  青い文字のところを赤い文字の内容に変更

{Senkou Span A}
SSA:= Ref((ts+ks)/2,-(KSPr-1));
{Senkou Span B}
SSB := Ref((HHV(H,SSBPr)+LLV(L,SSBPr))/2,-(KSPr-1));

以下の様に変更

{Senkou Span A}
SSA:= Ref((ts+ks)/2,-(0));
{Senkou Span B}
SSB := Ref((HHV(H,SSBPr)+LLV(L,SSBPr))/2,-(0));

9、そしてフロッピーマークを押してsave、ウィンドウを閉じ
  設定が終わり。続いてスパンモデルの表示。
10、チャートの上で右クリックで分析追加。
11、リスト一番下の「スパンモデル」をセレクトして
   「OK」でスパンモデルが表示される。

為替ブログのRUEさんのブログには、他にもFXA証券の
詳しい情報が満載ですので、覗いてみてください。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
アクセスランキング アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。