【広告】

ユーロドルの相場展望と当たらない予測。。。

ここでは、「ユーロドルの相場展望と当たらない予測。。。」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上位のブログにノロウィルスが!?為替ブログRANKING

●ふ?今日(昨日)の関東は夕方から雨もあがり、バリバリっと冷え込みました。
仕事から帰って、また仕事へ行って、自宅に戻ったらゴロリと寝てしまい、、、
起きて風呂に入ったらこんな時間でした。。。なんて中途半端な。。。
ムクっと起き上がってボケボケっとこんばんは、外為キングです(´-ω-`)ノ

●さて夕方のマーフィーさんのコメントからユーロドルを見てみたいと思います。
ユーロドル日足スパンモデル1?30
※クリックすると拡大します。AFT-FXダイレクトトレードのチャート使用。

●日足では売りシグナル継続点灯ですが・・・マーフィーさんのコメントによると「先週末26日の欧米市場でユーロ売りシグナル発生時のユーロ安値(1.2897)を一時割り込みました(安値1.2877)。その後、引けにかけては反発してはいるものの、ユーロ下値波乱となる公算が高まっています。」
●「しかし、年初来高値1.3297をつけた1月2日から短期時間サイクルの節目である9日経過した12日の安値1.2865は引き続き重要なサポートポイントと読んでおり、同水準を割り込むまでは、今回のユーロ売りシグナルが「逆指標」となる可能性は依然として残っています。」
●「尚、昨年の高値である1.3365をつけた昨年12月8日から、先程の安値1.2865をつけた1月12日まで重要タイムサイクルである26日経過していることも、1.2865が下値のポイントであることを示しています。」と書かれています。
★マーフィーさんのコメントを続きを無料で読みたい方は
→→→[ワカバヤシFX]でどうぞ。

●次に60足スパンモデルを見てみましょう・・・
ユーロドル60分足スパンモデル1?30
※クリックすると拡大します。AFT-FXダイレクトトレードのチャート使用。

●60足スパンモデルです。日足では売りシグナルですが、60分足では遅行スパン
の位置から見ると買いシグナルが点灯するんじゃないかな?と見ています。マーフィー
さんの言うように、下値のポイントが1.2865になっています。私はユーロドルは現在、
上昇基調の調整局面と見ていますので、下値ポイントの1.2865付近では買いで参戦
しようと考えていますが、すでに買い遅れ感はありますが。。。今年は再び高値の
1.3366を目指すと見ています。メリマン氏のユーロ分析によると・・・と思いまし
たが、今日は寝ようと思いマス。。。では皆さん、今日も明日もグッドラック!
※き?まんさん、コメントありがとうございます。明日に遊びに行きま?す。

ブログ村新着記事の続きを読む
にほんブログ村 為替ブログへ←ブログ村に戻る

★私の取引口座はGlobal Forex Trading(GFT/米国ミシガン州)のIB(Introducing Broker/日本正規代理店)のAFT-FXダイレクトトレードを使っています。
1)手数料は完全無料(まぁ今や当たり前ですけどね)。
2)ドル/円のスプレッドが3銭と、インターバンク並みの低コスト。
3)19カ国64種の豊富な取引通貨(そんなに見れませんが)。
4)完全分離保管による資産管理に加え、米国商品先物取引協会
(CFTC)による監視体制で安心の資産管理。
と魅力たっぷりですが、なんと言ってもDeal Book FXのチャートシステムが最高で私は愛用しています!カスタマイズも自由自在で慣れれば最高に使い易いと思います。
→AFTの資料請求&口座開設はこちらからどうぞ

一日一回のクリック募金にご協力をお願いします(ブログランキングではありません)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
アクセスランキング アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。